卒業してから現在までの経緯
大学3年 NZ(ニュージーランド)3週間実習
2001年 山口県立大学卒業
1年間 NZ日本語TA
2002年~現在 シンガポールのポリテクニックにて日本語教師として勤務
日本語教育を現在にどう生かしているか
日本語教師として働いています。
実習~現在まで感じたこと、変わったこと、現在の実習生に伝えたいことなど、何でもいいので自由にメッセージをお願いします。
現在は教育実習を受け入れる側になっています。
自分の実習のことはすっかり忘れてしまったので自分の事は棚に上げますが、学生さん達の実習を受け入れて思うことは、なぜそうするのか、ということを一つ一つ考えて行動することが大切だということです。
クラスでの発言、例文の一つをとっても「これはこういう意図で発言・使用しているのだ」と自分でじっくり考え、理由付けができるぐらいの教案を作って実習に挑んでみるといいと思います。
最初の頃は何気なく発言をしたり、例文を作ってしまい時間を無駄にしたり、実は教える内容に合ってない例文だったりすることが多々あります。
最初は面倒くさいかもしれませんが、実習の間にしっかり自分でじっくり考えて教案を作る癖をつけておくと後々楽になります。
また、日々の生活の中でしっかりアンテナを張り巡らせて置くと、面白いアイデアを教案に盛り込むことができます。
「これは例文に使えるな」とか「これはクラス活動に使えるな」などと、日々の生活からいろいろ見出してみてください。
あと、シンガポールに遊びにくる後輩の方がいらっしゃれば、是非うちの学校に遊びにきてください。