日本語教師として働いている方へのアンケート 
6期生 Aさん



1)日本度教員養成課程を受講しようと思われたきっかけは何ですか。
 日本であれ、海外であれ、異文化交流ができる仕事である日本語教員に興味を持ったからです。

2)日本語教育実習の中で一番印象に残っている事は何ですか。
 寝ないで準備したことです。それは今もあまり変わらないかもしれません(笑)

3)日本語教員養成課程で一番印象に残っていることは何ですか。
 (質問の答えとしてふさわしいかはわかりませんが)
先生、先輩、学生、仲間など、様々な人と出会えたことです。素晴らしい出会いに恵まれたおかげで、この世界にいたいと思いましたし、今があるのだということを強く実感しています。

4)在学中の勉強が今どのように生かされていると思いますか。
 実習で、先生や実習仲間と活発な意見がやり取りできたことは大きかったです。独りよがりではいけないということを学ぶことができました。一つの文法でも人によって様々な教え方があり、自分ではこれでいいと思っていても、いろんなやり方があるのだということを気づかせてくれました。この経験があったからこそ、今も自分の授業に対して「これでいいのか」ということを意識できているように思います。

5)在学中にやっておけばよかったと思うことはありますか。また、それは何ですか。

 特にありません。とても充実した学生生活でしたので、古別府先生には心から感謝しています。

6)日本語教師として働き始めて何年目になりますか。
 3年目です。

7)現在どのようなところで教えていますか。
 長崎情報ビジネス専門学校です。

8)週に何コマ程教えていますか。
 8コマです。

9)対象はどのような人で、また1クラスの人数はどのくらいですか。
 対象は中国人留学生です。私は2クラス持たせてもらっていますが、半年前に来日した初級クラスが19名、1級&大学進学対策クラスが9名です。

10)教材は何を使用していますか。また、具体的な教え方なども簡単に教えてください。
 初級クラス:
 @『みんなの日本語』 2日で1課のペースです。
  文型ごとの導入・練習→会話→問題
 A『能力試験3級過去問』

 1級&大学進学対策クラス:
 【文法】『完全マスター』
 【読解】、【聴解・聴読解】、【語彙】は多岐に渡ります。
  日本語能力試験対策のテキスト、留学試験対策のテキスト、過去問を使用しています。
  主に試験対策を行っています。


11)待遇について教えていただけますか。
 名前が出ているので、差し控えさせていただきます。

12)現在教えていて一番難しく感じることは何ですか。
 クラス内の学生みんなに満足してもらえる授業にするには、どうしたらいいかを考えることです。レベルやモチベーションに差のある学生たちが、みんな意欲を持って取り組める授業にするにはどうしたらいいか、常に考えています。

13)現在教えていて一番やりがいのあることは何ですか。
 
難しい表情だった学生が「わかった!」という表情になったり、授業を楽しんでくれているのかなと思えるとき、やりがいを感じます。どん なときでも学生の笑顔を見ると元気になれます。

14)日本語教師になって良かったと思うことや、苦労したことなど、なんでもいいので教えてください。
 良かったことは自分がこの仕事に興味を持つきっかけでもあった、異文化交流が日々できることです。えっ?と驚かされることもありますが(笑)、それもいい異文化体験です。それと同時に、国は違っても同じ人間だということも感じさせてくれます。また、人の成長が見られることも、ありがたい体験だと思っています。様々な経験を通して成長していく彼らの姿に触れられたとき、わたしも大いに励まされます。
 苦労、というか、難しさを感じることは、自分で区切りをつけないと、仕事はいつまでも終わらないことです。教案などはアイデアが浮かばないと止まったままになりますし、学校にいると、教師には教える以外の仕事がこんなにあったのかということを実感させられます。頭も心もリフレッシュできる、うまい切り替え方法を身に付けることが、今の自分の課題でもあります。

15)日本語教師としての理想と現状に差はありますか。また、それは何ですか。
 教えるだけが日本語教師ではない、ということはこの仕事を始めてから実感させられていることです。私が実習生だったときに悩んでいたのは教え方だけでしたが、仕事となると教える以外のことが本当にたくさんあります。学生に何かあれば、休みも関係ありませんし、トラブルもあります。
とはいえ、理想と現状の差、というほどのことはなく、こういう体験を通して、学生との絆を感じられたり、感動させられたりすることも多いです。

16)これから目指していきたいと思われることは何ですか。
 日本語教師としてだけではなく、人間的にももっと成長していきたいです。

17)今後も日本語教師を続けていきたいと思いますか。また、それはなぜですか。
 先のことはわかりませんが、続けられるかぎり、続けていきたいと思っています。この仕事が好きだからです。

18)後輩へのメッセージをお願いします。
 「自分のこれから」を考えるとき、いろいろと大変なことがあるかと思いますが、どんなこともあきらめなければ希望はあると思います。素敵な出会いにも恵まれると思います。わたしも偉そうにいえる立場ではありませんし、たくさんの人々に支えられて今があると日々感じています。
明るい未来を目指して、進んでいってください。応援しています。