日本語関係の大学院へ進学経験のある方へアンケート
7期生 阿部雄司さん


@ 山口県立大学で日本語教師養成を受講されようと思ったきっかけは何ですか?
高校でアメリカに短期留学した際、日本語学習経験者に「は」と「が」の違いについて聞かれ、全く答えられなかったのがきっかけです。


A 山口県立大学での実習の印象深い思い出は何かありますか?
毎日の反省会、海外実習で授業を見てもらった後にもらったフィードバックはすごく勉強になりました。実習の全てがいい思い出です。


B 日本語関係の大学院へ進学するまでの経緯などを教えて下さい。
某大手会話学校で英語講師をした後、アメリカのセンター大学で日本語アシスタントをし、その後カナダの大学院に進学しました。


C 「大学院へ進学しよう!」を決心した際、何かきっかけのようなものはありましたか?
大学院を出ていないと所詮アシスタントにしかなれないのが悔しかったからです。


D 現在、大学院でどのような研究をされていますか。
大学院は修了しましたが、大学院ではCombining Clauses by Native and Non-native Speakers of Japanese というタイトルの修士論文を書きました。具体的にはコーパスを使って母語話者と学習者が会話の中でどのように節をつなぐかを調べ、その学習者の節のつなぎ方と学習者の勉強した教科書で教えられている内容との因果関係を見つけ、今後の日本語教育に役立ちそうなアイディアを提案しました。


E 山口県立大学での体験が、今の大学院での研究に役立っていると感じることがありますか?
また、それはどんなことですか?
はい、あります。
在学中からいろいろと経験を積ませてもらったお陰で、卒業後英会話講師になった際も特に戸惑うこともありませんでしたし、その後日本語のアシスタントになった時も全く戸惑うことはありませんでした。今現在は大学で講師として教えていますが、県立大学での経験がすべての原点だと思います。


F 山口県立大学在学中になにかやっておけばよかったなど感じることはありますか?
大学院に入学して言語学の知識が乏しいなと感じました。もう少し言語学の勉強をしておけば良かったなと思いました。


G これから日本語教師をしたいと考えていますか?
はい。(実際に現在カナダの大学で日本語教師をしています)。


H 
「したい」とお答えした方 → どうしてですか?
この国,学校,機関で働いてみたいなどはありますか?

せっかく大学で教える最低条件である資格を取ったので。
英語圏の初級は何度も教えているので慣れたものですが、中級以上はまだ教えた事がなく、また媒介語を使わず教えた事がないので、それらにチャレンジしてみたいです。


I 日本語関係の大学院で苦労したこと大変だったことなどありましたら、教えてください。
大学院がカナダの大学院だったので英語が大変なだけでなく、課題の量に泣かされました。しかも講師として1つ日本語のクラスを教えながらの学生生活だったので忙しかったです。


J では、最後に後輩にメッセージをお願いします。
大学院では研究が主で、実際どのように教えるかを教えてくれない学校がほとんどだと思います。今のうち古別府先生にしっかり教えてもらっておいて下さい。

夢は必ず叶います。皆さんも頑張って下さい!