日本語アシスタントの方へのアンケート

〜ニュージーランド編〜 13期生(2006年度入学) 塩見まゆさん


【山口県立大学日本語教員養成について】

@ 山口県立大学国際文化学部の日本語教員養成を受講しようと思われたきっかけを教えてください。

 高校生の時にある影響を受け、日本語教員になりたいと思っていたからです。自分の夢を叶える近道は、山口県立大学の日本語教員養成課程を受講して、資格をもらうことでした。

A 大学での日本語実習の思い出は何ですか?
 国内実習では、友だちと一緒に慣れない教案作りを必死になって考えたこと。海外実習では、授業の復習のゲームをたくさん考えて、それを生徒たちと一緒にできたこと。生徒の楽しそうな笑顔は忘れられません。また、その時にたまたまNZの大学から教育実習で来ていた大学生と授業をさせてもらい、主に言語の面で助けてもらっていました。その方とは、今でも遊ぶくらい仲良しです。

B 最も印象に残った日本語教員養成課程での授業は何ですか?
 「日本語教育史」。この時に見た、台湾侵略・同化政策においてのビデオが印象的でした。
  古別府先生の授業以外では、第二言語習得法。「群れ言語・橋渡し言語」など、新しい言語の見方を知れました。


【海外でのアシスタントについて】

C どこにお住まいです(でした)か?(どのように暮らしているかも教えてください。(ホームステイ、寮など)

 ニュージーランドのPalmerstonNorth。
 フラット(シェアハウス)に住んでいます。一緒に暮らしているのは、ニュージーランド人・マオリ人・インド人・オマーン人・韓国人。<BR>
 以前はホームステイをしていました。

D どのような人たちに日本語を教えています(した)か?
 ニュージーランドのFreyberg高校で日本語を履修している中・高校生…9年生から13年生(14歳から18歳)です。
 その中でも特にアシストしているのは、10年生・12年生・13年生の一クラスずつ。

E 海外で実際に日本語を教えるにあたって、また、生活面でカルチャーショックを受けたことはありますか?
 良い意味でも悪い意味でもたくさんあります。

F アシスタントはどういうことを行うのですか?
(ア)毎回の授業の準備
      @ プリントのコピー(私がついている先生は教科書を使わずに一からオリジナルで教材を作ってらっしゃるので膨大にあります)。
      A 授業の前に、必要な物品(主にプロジェクター・パソコン・プリント…授業内容になって異なる)を運んでセットアップする。
      B 授業中は、配布物を配ったり理解の遅い生徒を見たり、進行がスムーズにいくように動いています。>
(イ)授業で使う教材作り
      @ 低学年でよく使う名詞のカルタをパソコンで作って印刷・ラミネート・切るという作業
      A フリップカード作り
      B ブックレット作り(9年生の教材や単語・漢字をまとめたものなど)
(ウ)雑用
      @ お茶を入れる
      A ホームルームの出欠用紙を事務室まで持っていく
      B テストのマーキングや提出物のチェック
        など、いろいろです。

G 週にどのくらい授業に関わりますか?
 毎日します。
 先生の時間割によって違いますが、日本語は多い日で一日3時間・少ない日で1時間です。私のついている先生は他の教科も教えてらっしゃるので。

H 現地でアシスタントをする際、言語で苦労したこと(現地の言葉を知らなくて苦労した)ことはありますか?
 もちろん、あります。

I その苦労が乗り越えられたときのエピソードを教えてください。
 「●●」は、日本語で何て言うの??と聞かれた時に、咄嗟に口から出て来ないなど。
  苦労はいろいろあります。
 まだ、言語に関しては苦労を乗り越えたと思っていないのですが。
 以前は生徒とジェスチャーでコミュニケーションをとることも多かったのですが、 今は英語でコミュニケーションを取ることができるようになってきました。
 また、ある生徒は私に質問した時のこと、私がその英単語を知らないと知って先生に聞かずに、一生懸命その英単語について説明してくれたこと。粘り強く理解を図ろうとしてくれたことが嬉しかったです。

J 授業以外に日本語を学んでいる生徒との交流はありますか?あるとしたら、それはどういうものですか?
 ランゲージエクスチェンジとして、短い期間、日本に留学するニュージーランドの大学生とカフェで会話をしていたことがあります。<BR>

K 海外でアシスタントをしようと思った経緯を教えてください。
 高校時代、日本語教育課程を受講できる山口県立大学について調べていた時に県立大学では海外アシスタントができると知りました。日本語教育の現場を一年間、肌で感じたくて志望していました。海外実習でニュージーランドの高校へ行き、来年はアシスタントとして帰って来たいと強く思ったのでその旨を先生に伝えました。<BR>

L 将来、日本語教師になりたいと思いますか?それはどうしてですか?
 なりたいと思いますが、実際のところ日本では難しいと考えています。(待遇面で)二足のわらじを履くのは、今のところ難しいかなぁと。
 なるとしても、一度社会に出ていろいろなことを経験して日本語教員になりたいと思っています。学習者からの質問(敬語など)に答えられる幅を広げたいと思います。また、まだ日本語教育(特に年少者への日本語教育)について学びたいとも少し考えています。>

M 今後、ある特定の国で日本語を教えたい、という願望はありますか?それはどうしてですか?
 特にありません。ただ、日本でボランティアとして教えたいという願望はあります。日本に住む、外国人の主婦や子どもたちに日本語を教えて、地域の人との交流を持ってもらいたいと思っています。


N アシスタントになって、良かったことや、苦労したことなど、何でもいいので教えてください。
 アシスタントになって、良かったことは、たくさんありますが、主には、生徒との交流が楽しいことです。生徒に配布物を配ったときに言ってくれる「ありがとう」というちょっとした言葉はいつも嬉しく思います。また、授業中以外でも話しかけてくれる生徒もおり、楽しいひと時を過ごしています。
 また、学校の他の先生方との日々の雑談や仲良しの先生に誘われていった教員の日帰りKapiti Islandへの旅、日本語の授業の見学をしに他の学校へ三日間の訪問。とアシスタントとして、授業以外で得た体験は心に残っています。今年の12月には、他の高校の1週間のキャンプへ誘っていただいたので、楽しんできます!!
 4月にはNZの日本語教育のカンファレンスへ先生に同行させていただき、いろいろな先生の教授法を学んで帰ることができました。6月には日本へのALT派遣機関であるJETプログラムの日本語のクラスを見学する機会を頂き、大人向けの日本語教育も垣間見ることができました。
 もちろん、日本語のオフィスの中でも楽しく過ごしています。2人の先生方との会話の中から、日本語教育の学びだけではなく人生の学びも度々頂いています。
 アシスタント業だけではなく、NZにいることでいろんなことができます。旅行・興味のある研修会への参加・異国の友達との会話など、日々の生活の中にもたくさん楽しいことがあります。これらのことは、とっても良い経験になっていると思っています。

 苦労したことは、言語に尽きます。授業中の生徒からの質問はもちろん、友だちとの雑談の中で英語がわからなくて苦労することもあります。先生が出張の時にした、私の授業ではよく生徒に助けてもらっていました。時間配分や授業の提供の仕方などを考えるのは苦労しましたが、おかげ様でとても楽しい・良い経験になっていると感じています。

O これまでの経験がアシスタントに生かされていると感じることはありますか?それはどんなことですか?
 周りを見ること(観察力)、生徒との接し方(学年に応じた接し方)<BR>
 これらのスキルは、大学のサークルで得たものですが、生かされていると感じます。ワードのタイピングが早くできる。これは今までの経験によるものだと思います。

P では、最後に後輩へのメッセージをよろしくお願いします。
 アシスタントの仕事は、先生・生徒のために動いて貢献するというだけではなく、色々な意味で自分を成長させてもらえるものです。アシスタントをした1年は、きっと人生の中でも大きな1年であると思います。たくさんの刺激をもらえるアシスタント…ぜひぜひチャレンジをしてみてくださいね!!