実習者  アンケート

実習生45人中18人分のアンケートを回収した。以下に回答者すべてのコメントを項目別に載せる。

実習前について(準備で大変だったこと、工夫したことなど)

・教えるとき、学習者側の目線で教材や教案をつくること。
・自分の担当課を、導入、機械的練習、応用、タスクに応じて、教材を作るのが大変だった。
・分かりやすく伝えなければいけないけど、出来るだけシンプルな言葉で伝えるのは難しい。
・学習者に身近な例を示すように工夫した。
・ゆっくり話す練習をした。
・導入、機械的練習、応用、タスクの担当者が、それぞれどこまでするかという縦の連携をとるのが大変だった。
・タスク担当だったので、学習者に自発的に言ってもらえて、かつ楽しめるようにイラストやゲーム等を用いて工夫した。
・淡々としてつまらない教材にならないように楽しい文章を考えた。
・タレントの写真をコピーし用いたり真剣に寸劇を行うなど学習者の興味を引くように工夫した。
・日本に興味を持ってもらえるように文化やアニメを教材にした。
・日本の有名な曲をかけたりアニメを取り入れて学習者が退屈しないよう工夫した。
・応用とタスクの境界が分からなくて教材を作るのに苦労した。
・同じ日に授業する人で集まって打ち合わせをして、授業内容がかぶらないようにしたりして統一性を持たせた。
・相方と時間を決めて打ち合わせしたりするのが大変であった。
・教える内容を自分達が理解しきれないところがあり、それを理解したうえでどう教えるのか考えるのが大変であった。
・どのくらいのレベルにすればいいのか分からなかった。
・教科書を使った方がいいのか使わない方がいいのか分からなかった。


実習中について(学習者と接してみてどうだったか、学習者の態度など)

・全員にバランス良く発表してもらうようにするのが大変だった。
・時間配分を考えて授業に臨んだものの学習者の誤りの訂正等に時間を費やしてしまい配分がくるってしまった。
・学習者はつまらない時は素直に態度に出していて緊張した。
・たまに一人くらい机につっぷしていた学習者がいて、面白くないのかと少し不安になった。
・みんな積極的だったし、リアクションも良かったからやりやすかった。
・学習者が知っているキャラクター(ドラえもん)などには反応が良かった。
・ロールプレイを楽しそうにしていた。
・何よりレベルが高かったので、スムーズにいったと思う。
・楽しい楽しくないというのが態度で分かる。
・初級とはいえレベルが高かったので学習者を退屈させてしまったのではないか。
・思ったよりも学習者の日本語がうまくて驚いた。
・思っていた以上にレベルが高かったがクラスの中でレベル差があった。
・みんなすごく積極的で楽しかった。
・やる気がある人、無い人に差があったように思えた。
・同年代の人達なので比較的実習しやすかったのではないかと思う。
・真剣に聞いてくれて反応も良かったので、とてもやりやすい授業だった。
・学習者と接するのには緊張しなかったが、見学者が多くて緊張した。
・学ぼうとする姿勢がすばらしかった。


実習後について(実習の反省点や良かったと思うところなど)

<良かった点>

・私たちが想定していた答え以外の言葉もどんどん発言してくれていたので割と自由度の高い授業だったと思う。
・みんなユーモアがあったので、文章を作らせて発表したらとても面白かった。
・分かりやすく楽しく学習してもらうために、興味のありそうな写真や絵をうまく利用して授業を展開することができた。
・学習者と仲良くなり、授業以外でも話すようになれた。

<反省点>
・反省点は数え切れないくらいあります。
・実際のシチュエーションとかけ離れてた状況を例に出した教材を使ってしまった。
・内容がいまいちうまく組み立てられなかった。
・質問を当ててなかなか答えられない学生もいて、時間をとってしまったので、その時は「考えておいてください。後で当てます。」などと言って次に進めたほうがよかった。
・退屈させていたような気がした。
・間違ったところを直さずにそのまま進めてしまった。
・間違いの訂正の仕方をもっと工夫すればよかった。
・学習者の発話を自然に促すことが難しかった。
・練習内容のレベルアップがうまくいかなかった。
・時間配分を間違えて時間が余ってしまい、ホワイトボードに即興で文章を書いた。
・臨機応変に対応できない部分があった。
・ペアの人とのコンビネーションがあまりよくなかった。やりたいこと、意見の食い違いが起こった。


<その他>
・他の人の実習などを見ると、自分の反省点などがよく見えてくると思う。
・良い時、ダメな時の手ごたえを味わえる。


実習前と実習が始まってからを比較して、予想と違ったところはどんなところか

・学習者のレベルが高くて自分たちの授業が簡単すぎると思った。
・生徒の反応や答えが思った以上に良くて授業がやりやすかった。
・初級の学生ということで授業についてこれるか心配していたが、みんなよくできたところが予想とは違った。
・私たちの予想とは違うところで笑ったりしていたので、全部は思い通りの実習にならないということが分かった。
・学習者の日本語がかなり上手く、授業に関連した雑談で盛り上がったりした。
・日本のアニメは結構知っていると思ったが、知らない人も多かった。
・外国の授業風景を想像していたので、例えば「〜についてどう思いますか」と質問したら「はい!」「はい!」
 と勢いよく手が挙がるかと思っていたけれど、実際はもっと消極的であった。
・時間が思ったように配分できていなかった。
・学習者の誤りが思ったより多く、訂正に時間が掛かってしまった。
・それぞれの国の人によって特徴的な誤りがあって日本人相手の練習では予想できない誤りがあった。
・連携が取れればチームティーチングが楽しい事に気づいた。
・たくさん準備しても本番は緊張して段取りを忘れそうになったり、テンポが悪かったりして実習前の準備段階と実際は違うと思った。

自分の実習に点数をつけるなら100点満点中何点?

 80点…2人
 78点…1人
 75点…1人
 70点…8人   
 60点…2人
 50点…2人
 40点…1人
 20点…1人
 計   18人
平均 64点

           

実習準備や実習中の面白いエピソードや裏話

・たまたま模擬授業と同じ課だったので反省点も分かっていてやりやすかった。
・模擬授業で担当したトピックがそのまま本番の担当課だったので教材はリサイクルした。
・ムードメーカーの子が盛り上げてくれて楽しかった。
・「ぶち」や「めっちゃ」など方言に結構興味を持って反応してくれた
・日本人が普段あまり使わない日本語を学習者が使っておりどうしようかと思った。
・実習中、一緒にしている実習生がフリーズしてあせった。たぶん緊張しはったんやと思う。
・先生の誕生日が近かったので、先生の誕生日パーティーを企画するタスクをしたらとても盛り上がった。
・そして後日、学習者たちは先生に誕生日プレゼントをあげたので先生はとても喜んでいた(笑)
・恋人同士の設定で寸劇をやったが、それが好評で盛り上がった。寸劇はよりリアルな演技の方が盛り上がると思う。
・まだ山口名物のういろうを食べてないだろうと授業で外郎を紹介して喜んでもらおうと考えていたのにもうすでに食べた
 事があると言われて授業中にあせった。
・学習者が授業で日本の歌を歌ってくれた。
・自分達の担当する授業で「世界に1つだけの花」をかけたら学習者が口ずさんでくれて反応がいいと思って、
 最後のお別れ会の時の実習生の出し物にしようとみんなで練習していざ本番を迎えたら、学習者も「世界に1つだけの花」で、
 かぶってしまっていた。
・実習準備を学食でやっていた時。「先生!」と声をかけてきてくれ、そこで少し話をして絆が深まった。
・今でも思い出すとうれしくなる。
・学生の泊まるホテルに遊びに行った。UNOしたら盛り上がった。
・連日ジョイフルで授業の準備をしたのでお財布が寒かった。




これから実習を行う後輩たちへのアドバイス

・たのしいよ!
・学習者と積極的にコミュニケーションをとると、自分たちに興味を持ってくれるので、授業も進めやすくなると思う。
・実習の準備は大変だと思うけれど、やり終えたという達成感があります!頑張ってください。
・準備をしたり実際に授業を行うのは大変だけれど苦労した分喜び、達成感があります。最初の授業での反省を次の授業に
 生かすために、ペアの子との反省会も大切。
・「ドラえもん」,「嵐」は強い!個人的に趣味の世界から聞いていって仲良くなれたということもあった。
・生徒が食いつきそうな話題を出してあげよう!少し難しいかな?って思うくらいでちょうどいい!!
・事前準備はしっかりやり、納得がいくまで他の人と話し合いを行うこと。
・大変だと思うけれどやりがいはあるのでがんばって欲しいです。きっと自分にとってプラスになると思います。
・できる範囲内でできることをしっかり!
・板書は大きな字ではっきりと!!
・しっかり準備して楽しく授業をすれば学習者も喜んでくれると思う。
・今、学習者がどんなことに興味があるか知っているといいかも!(ジャニーズの「NEWS」、「嵐」を授業で使用)
・事前に教材の作製や授業の練習をしっかりやっておけば、学習者は応えてくれると思う。
・声は大きく!物おじしないこと!!
・予想していたこととは違っても、臨機応変に落ち着いて授業すればよいと思う。
・タスクの教材は考えるのは大変だけど、内容が良ければ、とても楽しいものになるので面白く作ってください。
・授業の準備段階で「これ全部時間内に終わるかな?」と思うくらいいろいろ用意しましょう。それくらい準備して
 ちょうどよかったときが多かったと思う。
・準備のしすぎということはないので、正しく簡潔な説明ができるようにグループで授業を行う場合は教壇で
 戸惑わないように何度も練習を重ねておくこと。
・一方的な授業ではなく、学習者とコミュニケーションをとって授業を進めたらうまくいきます。笑顔も大切!!!
・型にはまった指導法でなくても楽しく学ばせた方がいい。


この経験を今後どのように生かしたいか

・これからもし日本語を教えるボランティアなどの機会があればぜひ参加して生かしていきたいと思う。
・TAに少しでも役に立たせたい
・学習者の視点に立った授業を考えたことから、相手の立場に立って、しっかり考えて行動できるようにしたい。
・言葉が通じない人に対しても、消極的にならないようにしたい。
・一回目の失敗を二回目に生かそうとする気持などをこれからも持っていきたいと思う。
・アシスタントをする予定は今のところないけれど、何事もきちんと準備して取り組む姿勢は色々なことに生かせると思う。
・留学生と関わることがあると思うのでそのときに生かせたらと思う。
・外国の友達に日本語教えたいな!
・いかにわかりやすく伝えるか教える立場になったと時に生かしたい。
・マスコミ志望なので、的確で簡潔な説明ができる力、大勢の前で堂々と自信を持って話す力をこれからの就職活動に
 生かしていきたい。
・教員志望なので教員になる!というモチベーションにしていきたい。
・将来日本語を教える仕事がしたいのでそれに生かしたい。
・来年、中級クラスを担当したい!!
・チャンスがあればアシスタントに行きたい。
・教育実習の時に教壇に立ったことを思い出しながらやりたい。